農業用ドローン

農業用ドローンは、農業ドローンまたはアグリボットとも呼ばれ、農業業界でさまざまな用途に使用される無人航空機 (UAV) の一種です。

  • クロップマッピング: フィールド レイアウトの分析とマッピング。
  • ヘルスモニタリング: 作物の状態と健康状態を評価します。
  • 灌漑管理: 水の使用量とスケジュールを最適化します。
  • 意思決定のサポート: 農家が情報に基づいた選択をできるよう支援します。
  • 効率の向上: 農場の生産性を向上させます。
  • 害虫駆除: 害虫の侵入を管理し、軽減します。
  • 除草剤の散布: 正確かつ制御された除草剤の供給。
  • 種子と肥料の用途:種子などを正確に配送します。

正確な作物管理に特化した XAG P150 や P100 などの最先端モデルを備えた最新の農業用ドローンをご覧ください。 ABZ ドローンと DJI Agras T30 は、比類のない精度で農業用散布に革命をもたらします。 Sentera PHX 固定翼ドローン、AeroVironment-Quantix、ヤマハ無人ヘリコプター R-Max は、航空データ収集と農場分析の限界を押し広げます。これらの先進的なドローンは、現代の農業に革新的なソリューションを提供し、作物の健康状態の監視と資源管理における効率と意思決定を強化します。

結果の1~18/42を表示しています

jaJapanese